2013年9月11日水曜日

今年こそは、ことしこそは・・・の 玉ねぎ栽培を開始

玉ねぎ栽培は
市民農園を借りていた8年前からずっと続けています。


ある年は苗を買い、ある年は種を蒔き・・・


でも、なーんか毎年うまくいかないんですよね。
玉が大きくならないんです。
冬には雪が積もる地域での栽培ですので、紹介されている栽培法に
ひと工夫しなくてはいけないのかもしれないのですが、
その方法が未だによくわかっていません。


そんな玉ねぎ栽培ですが、今年もいよいよ始まっています。

種まきから始めるときはお盆に種まきを行っていますが、
今年は1週間以上遅れて8月25日に播種。
ニイガタでは11月に入るとほとんど日照は見込めませんから、一般的な栽培と比べ
かなり早い種まきだと思います。

今年の品種は「泉州中甲高」
定番中の定番品種を選んでみました。

播種から1週間ほどで発芽し、苗は8cmくらいの長さになっています。

毎回、育苗段階では施肥なしでやってきましたが、
今年は攻めます。 で、
1週間に1回くらいの割合で薄い液肥を与える事にしました。
定植は10月中旬の予定。今シーズンの玉ねぎはどうなりますことやら。




クリックありがとうございます!

0 件のコメント:

コメントを投稿

お返事が遅くてごめんなさい。でもちゃんと見てます。