2014年6月27日金曜日

病気を逃れ生き残った畑トマトの経過

今月初めの熱波により、バタバタと病気でダメになってしまった畑トマト。(→記事

その後、メインの雨よけトマトハウスとは別棟の雨よけハウスで育てていたアロイトマト1本にも青枯れ症状が
みられた為、切除処分としましたが、何とかそれ以上の拡大は今のところ食い止められているようです。

分かりにくいけどアロイは3本植えてある一番奥が青枯れでこの後終了


雨よけハウス(大)の生き残ったシンディスイートは順調。
現在1段目を順次収穫中のシンディ
房どりしたいけど、全部赤くなる頃にはきっと茎が折れちゃうなぁ
ハウス天井に茎が到達しそうなので下葉はどんどん欠き取って、つる下げしていく予定



コストルートジェノベーゼのほうは、
シンディに比べて全てが大きめ

隣接して2本植えたうちの1本は黄化葉巻症状で切除済みのため、スペースが空き、大きく2本仕立てで生育中。



1段目 
2段目 
3段目


早々にたくさん花を咲かせていた1段目は結局1つも結実しないままポロポロと落果し、ひとつの花を残すのみと
なっています。
上段は比較的たくさん結実していますが、この品種は結実した後に花びらが干乾びて落ちないのでしょうか?
結実したほとんどの実のおしり部分に花びらが食い込んでしまい、あまり美しくないです・・・
固定種は個性があるので、葉欠きもシンディのようにどんどん行っていいのか など、アレコレ悩みながら育成中。
まぁ悩むのも楽しいんですけど。



そんな調子のトマト栽培ですが、シンディスイートが一日3~5個ずつ採れるようになってきたので、
一週間分くらいを冷蔵庫に貯めておき、つい先日、今年のドライトマト作りをスタートしました。
これでおよそ1週間分

いいサイズだけれど試食したところ、まだ酸味が強めのシンディさん

切り口に塩、オリーブオイルを塗っておひさま、風に当てます

夕方のゲリラ豪雨に注意

シンディスイートのドライトマトが一番好きなのですが、去年は収穫が少なくてほとんど作る事ができず。
今年はたくさん作りたいのですが、どうなりますことやら。



クリックありがとうございます!

0 件のコメント:

コメントを投稿

お返事が遅くてごめんなさい。でもちゃんと見てます。